寄附金の使い道について

絞り込み検索をする

  • ふるさと納税とは
  • 2020.12.21

    令和2年度クラウドファンディングへの取り組み

    • ~新倉山浅間公園の展望デッキを増設し、多くの皆さんに日本唯一の眺望を楽しんでもらいたい!~
       『新倉山浅間公園』は春には桜、秋には紅葉など四季折々の美しい自然も楽しめ、特に春には約650本もの桜が咲き誇り、園内の“五重塔(忠霊塔)と桜、そして富士山”という日本的な美しい景色が広がり、古くから市民に桜の名所として親しまれてきました。
       富士山世界文化遺産登録を契機として徐々に観光客が訪れるようになり、眺望を楽しんでいただくための『展望デッキ』が混雑するようになってしまったため、より多くの方に眺望を楽しんでいただくための展望デッキ改修のための費用を募っています。

  • 2020.12.21

    令和元年度クラウドファンディングへの取り組み ③

    • ~世界文化遺産「富士山」に麓から登れる唯一の登山道「吉田口登山道」を守り伝えたい!~
       富士吉田市には富士山に唯一残る麓から山頂まで続く登山道が現存しており、かつての富士講の登山を感じることのできる史跡が多く残っています。この「吉田口登山道」を守り、「麓から登山」をはじめとする多くの歴史文化を多くの人に発信し、後世につなぐための取り組みとして、「歩こっ!富士山」事業を進めています。

  • 2020.12.21

    令和元年度クラウドファンディングへの取り組み ②

    • ~1000年以上の歴史を持つ「ハタオリマチ」を後世につなぎ、山梨ハタオリ産地の魅力を世界中の人々に伝えたい~
       富士山の麓に広がる本市は1000年以上の歴史を持つハタオリマチです。高い技術をもちながら、時代の変化とともに取り巻く環境は厳しくなり、廃業を余儀なくされる職人も数多くいます。
       そこで、ハタオリマチを次の世代につなぐための新たな取り組みを行うための費用を募りました。頂いた寄附金を活用し、1000年続くハタオリ産地を未来へつなぐ取り組みを進めていきます。

  • 2020.12.21

    令和元年度クラウドファンディングへの取り組み ①

    • ~日本を代表する景色「富士山と桜と五重塔」を後世まで残したい~
       桜と五重塔を近景として富士山を眺望できる唯一無二のスポットである新倉山浅間公園。
      樹勢の衰えたソメイヨシノの樹勢回復のための費用を募りました。頂いた寄附金を活用し、この素晴らしい景色をいつまでも後世に残していくための取り組みを進めていきます。

  • 2020.12.21

    世界文化遺産富士山支援事業

    令和元年度ふるさと納税の使い道 ③

    • 富士吉田市や富士山を訪れた方々に「何も知らなければ見過ごしてしまう」まちや富士山の文化や歴史を知っていただくためのツールとして「ON THE TRIP」を導入しました。
      目には見えない物語をスマートフォンで気軽に楽しんでいただくことが出来るようになりました。

  • 2020.12.21

    豊かな人間性を育む教育支援事業

    令和元年度ふるさと納税の使い道 ②

    • デジタル教科書や、パソコンで撮影した動画等の教材を、すぐに教室で見ることができるよう、小中学校に電子黒板の整備を進めています。授業がわかりやすくなったほか、先生方の校務多忙化が改善されました。

  • 2020.12.21

    豊かな人間性を育む教育支援事業

    令和元年度ふるさと納税の使い道 ①

    • 富士吉田市では、家庭での読書活動のきっかけづくりとして、生後4か月健診時及び小中学校入学時に本のプレゼントを行っています。令和元年度からふるさと納税寄附を原資とし、新たに2歳児健診の際に「ブックステップ」として、絵本をプレゼントすることが出来ました。

  • 2019.04.23

    豊かな人間性を育む教育支援事業

    平成30年度ふるさと納税の使い道 ⑧

    • ~学校給食センター運営事業~
       食物アレルギーへの対応、食育の推進を図るなど、児童・生徒に安心・安全でおいしい給食を提供するため、学校給食センターの運営に活用しました。

  • 2019.04.23

    豊かな人間性を育む教育支援事業

    平成30年度ふるさと納税の使い道 ⑦

    • ~小学校校舎等維持管理事業~
       老朽化が進む下吉田第一小学校体育館の解体や下吉田東小学校の外壁防水塗装改修などを行いました。また、ICT環境充実のためのRAN環境整備を行いました。

  • 2019.04.23

    都市基盤と防災環境の整備事業

    平成30年度ふるさと納税の使い道 ⑥

    • ~防災対策事業~
       スマートフォンやタブレットを利用して富士吉田市の防災・災害情報や生活情報など様々な情報を簡単に入手できるアプリケーションの配信を始めました。「気象警報・注意報」や「地震情報」「おくやみ情報」などの便利な情報に加え、大雨や地震等、各種警報などの緊急情報を スマートフォン等で即時に受け取れるようになりました。