お知らせ

絞り込み検索をする

  • ふるさと納税とは

2019.10.09

  • 返礼品情報

“粘り”が自慢のおいしいお米「ミルキークイーン」  ~見学レポート第5弾!~

【“富士山の雪解け水”で育ったおいしいお米 】

富士山に降った雨や雪は地下に浸透するまでに長い年月がかかります。そのため、富士の雪解け水には、健康に良いと言われている“バナジウム”が豊富に含まれています。
バナジウムには、血糖値を下げたり、糖尿病を予防したりする効果があるといわれています。そのため、体内の老廃物や毒素が排出されやすくなり、ダイエット効果もあると期待されています。そんな、体にやさしい成分が含まれた水で育てられたお米が、わたなべ米店の「ミルキークイーン」です。


【寒暖差のある気候により“うまみ”が引き立つ】

お米の旨みを左右するのは、昼夜の寒暖差です。富士の麓にある富士北麓地域では、昼夜の寒暖差がとても激しいです。そのため、日中には太陽の光をたっぷりと浴び、冷え込みが厳しい夜間には、栄養をじっくりと蓄えてくれます。そんな環境で育ったミルキークイーンは、「うまみ」「粘り」「もちもちとした食感」「甘み」を兼ね備えています。中でも一番の特徴は「冷めてもふっくら美味しい」というところです。





【熱心な農家の方の“努力の結晶“ 】

お米の品質が良いのは、育てる環境が良いだけでは成り立ちません。一番は農家の方々の努力と工夫によるものです。わたなべ米店では、信頼を置いている契約農家のみから仕入れています。農家の方々の努力を無駄にしないよう、精米所では水分量の調節を行い、均一な品質にして提供しています。熟練の農家の方々が丹精込めて作ったお米を是非ご賞味ください!